すべての子が大切にされることが当たり前になりますように☆の願いを胸に我が家のわんこと過ごせるシアワセをかみしめてマス。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nonchi*
 
[スポンサー広告
管理センターのイヌとネコ。
もう3月も10日を過ぎたのに北海道は大変な大雪です

昨日なんか仕事の帰りは猛吹雪。

こんな時も外につながれたままでじっと耐えるワンコが
北海道のあちこちにいるんだろうな・・と思うだけでツライですね。

この寒さと大雪で命を落とす外のネコさんもきっといるんだろうな。

以前からよく書いてはいますが
私の住む市が管理している収容犬舎がある場所は
とても雪深く、水も凍ってしまうような場所にあります。

だから特に冬は、収容される子がいませんように・・。
と、心の底から思うのです。

それがありがたいことに、この冬はほとんど収容犬ゼロの状態が続いています。
もちろん、冬に限らずどの季節もいては困るのですが。

でも自分の住む地域がゼロならいいわけではないですね・・
お隣の大都市札幌には残念ながらたくさんの犬猫が
飼い主さんを待っているようですね。

「飼い主探しノート」にはワンコが3ひき。
猫はなんと二十数匹!!

あっちの地域では・・こっちには・・って
今現在、全国のセンターにいる子達の頭数を調べたら
がっかりしてしまいますね。

つい先日も知人から「ペットショップで子犬を買った」と聞きました。
ずいぶん前から、新しくワンコを迎える気持ちになった時には
絶対私に声かけてね!って、保護犬の存在も知ってもらっていただけに
すごく残念に思ってしまいました。

もちろん、迎え方は自由ですが・・んーーーやっぱりザンネン(;ー;)

これから引越しシーズン、
どうか引越しを理由に「家族」を捨てるなんて考えは
絶対ナシであって欲しいものです。

usa3152.jpg


犬や猫との暮らしを考えるなら
まずは愛護センターへ!
ということが浸透して欲しいとまたまた思いを強くしたので
なんとなくダラダラとしつこく書いちゃいました。








スポンサーサイト
Posted by nonchi*
comment:2  
[思うこと
あたりまえのこと。
今日の北海道、暑かったです。

朝曇ってるうちにお散歩へ行ったのですが
帰りはだんだん暑くなってきてしまい
急いで帰ってきました。
・・それも抱っこで・・・

私が選んだ時間帯が悪かったから仕方ないですがねー(T0T)


帰宅しパソコンを開き
気になって毎日チェックしちゃう保健所のHPを確認・・

あー 今日も写真が載ってるーと、ガッカリ。

私の住む小樽には今日現在2ひきのMダックスさんが迷子です。


こんなことを言ってはイケナイかもですが・・

じゃー 飼い主が見つかって戻れたら全てハッピー!
ってわけでもないのも現実です。


どの子も家族に大切にされなければダメなんです!
ただ、犬や猫が居て食べさせてればいい、のではないんです!


皆がお金を掛け、上質の物を食べさせろ という意味ではないですよ

愛と覚悟を持つのが特別ではなく
当たり前という感覚の人と
日々を平穏に過ごして欲しいだけなんですけどねー

歳をとったら誰でもカラダに変化がありますよね
病気になる可能性がゼロの生き物なんていませんよね

治療費が掛かったり、介護が必要だったり
当たり前なのに、その現実から逃げてしまうのは
無責任なんて一言じゃー全然足りません!

(フー・・また怒りモードになって来たのでチョイ戻します^^;)



小樽だけではなくお隣札幌市のHPも気になって覗くのですが
今いるワンコの中に18歳で放棄されてしまった、という子がいます。

以前この子に容姿がそっくりな子とかかわったことがあるんです。
その子も高齢で、悲し思いもしたようでしたが
とっても優しくてがんばりやさんで、
私はもう大好きで、その子とのお散歩はとっても楽しみでした^^

出会いを待ち続けた結果、ある日突然新しい飼い主さんが現れ
今現在、とても大事にされて暮らしているようです
高齢ゆえに体調も万全ではないようですが、
病院に通ったり、おウチでゆっくり過ごしたりする様子を
耳にするたびに 心の底から嬉しさと安堵と、
そしてご家族への感謝でいっぱいになります。

そっくりな札幌のワンコさん・・
18歳まで長生きしてくれるなんてスゴイのにね
あなたにも全てを受け入れてくれる家族が現れてくれるといいね

それ以上、なんて言ったらいいのかワカラナイ(涙)


札幌市では今度の土曜日開庁になるので
平日に出向くことのできない人にも
収容されてるワンニャンとの出会いのチャンスがありますね

HPだけではわからないですもんね
直接会って1ぴきでも多くの子達に
新しい家族ができるといいですよね

夕方のTVではペットショップが紹介され
「夏休みはペットを買う人が増える」んだとか。

やれやれ・・・・


ショップを覗く前に
地域の保健所やセンターで耐えている子達に目を向けるのが
当たり前にするにはどうしたらいいのかなー



人間のせいでどうぶつ達に悲しい思いをさせてしまったのなら
人間の責任として手を差し伸べてあげるのはあたりまえのこと、と思ってます ワタシ。

長くなりすぎて(また)マトマッテナイですねー すんません。














Posted by nonchi*
comment:1  
[思うこと
281ぴきの命。
この数字は2011年度、私の住む市の保健所で殺処分された猫の頭数。

今まで知ってはいてもブログ上ではふれずにいましたが
今朝の新聞にしっかりと正確な数字も書かれていたので
それにのっかり話題にしました。


タイトルには281ぴきと書きましたが
今年はすでに63の命を「殺処分」。

これまでの長い年月にどれだけの命が・・・
と、考え出すとまたまた苦しくなるだけです(涙)



私の住む市は数年前から
ワンコは殺処分しないように変わってきましたが
ネコに関しては始めから収容場所の確保すらありません。

私自身も「ボランティアならネコも助けてよ・・冷たいなー」
などと言われたこともあります。


外にいるネコさんを見かかると
何だか後ろめたくてとっても気持ちが沈みます。
手を差し伸べられない自分に悶々としたりもします。


保健所さんが避妊手術の必要性をどんなに訴えかけたとしても
「飼い主」の知識や意識や・・気持ちにかかってきます。

ずいぶん前に書いたことがある
実家の近所の人のように、
避妊手術はかわいそう、でも産まれた仔猫はゴミ袋に入れて捨てる。

私たち(ブログを読んでくれてるみなさん)には
考えられない、ありえない感覚ですが
残念なことに存在するどうぶつを「捨てる(棄てる)」人。

年々人口が減少してるこの街で
こんなにもたくさんの小さな命が
無理やりに消えていったことを
新聞記事を読んだ人の中で少しでもいいから
おかしいよねっって感じて、こんなことはあってはいかん!
と怒ってくれたらな・・・

関心すら持たれないなんて悲しすぎるものね。


こういう話題は書き出すと終われなくなるので
今日はここでおしまいにします。













Posted by nonchi*
comment:6  
[思うこと
どうぶつを愛護するバショ。
みなさんご存知の通り(??)
私は市内の保健所(管理所)に
迷子犬や飼養放棄されて収容されるワンコがいると
週に1~3回、お散歩や犬舎のお掃除のお手伝いをさせてもらっています。

車の運転が出来ない私はその場所までバスを利用して行くわけですが
これがまた、なかなかの山奥(オオゲサ?)にありまして^^;
バス停から えっちらおっちら・・ひたすら上り坂を歩きます。

フツーなら気軽には行かないでしょうが・・
ワン達がそんな寂しい場所でがんばってることや
私たちボランティアや職員さんを待っていてくれてることを思うと
不思議と歩けてしまうんですねー。
それに、近付くと聞こえてくる「わんわんっ!!」の声で
ぜーぜーハァハァいってるカラダがシャキン!となります。

本当は収容犬なんていない事が当たり前じゃなきゃ
おかしいし、いちばん願っているのもそのことなのですが
ついつい会えるのを楽しみにしてしまうのも正直な気持ちなんです。
勝手ですねー^-^;

それだけ、どの子も本当に可愛いんですよ。

でも

猛吹雪の日も、カミナリが鳴り続ける日も、風ひとつ無い猛暑日も、
ワンコ達がどんなに怖がり寂しがっても
活動日じゃなければ
駆けつけてあげることは出来ません。

ボランティアの立場でやってあげられる(させてもらえる)コトなんて
ほんのほんの少しなのですよね。

そんな活動も今年の1月からほとんどお休み。

それは、とっても嬉しい事に収容される子がいないからです^^
一時ビーグルちゃんが独りで居たのと、
迷子ちゃんが来たけど、その日にお家へ帰れたりでした^-^

だから、行くとしても雪かきや物資の整理だったり。

どうかこのままずーっとそうであって欲しいです。


隣の市は大都会札幌。

それだけに、人口も多い
ってことはワンコも多い(はず)
・・なせいか、なかなか途切れず
ワンコやニャンコが収容されてしまうようです(泣)

これからGW。
恒例の「ペットのイベント」のCMがはじまってますなー・・・

そこへ行ってワンニャンを買うのではなくって
お休みの間、家族で十分話して確認し合い
管理センターでがんばってる子の飼い主さんに!!

札幌管理センターは5月12日の土曜日から(←クレアの誕生日♪関係ないねー^^;)
10月までの第2土曜日は開庁して、出会いのチャンスを増やしてくれるそうですよ。

私の住む市もそうなってほしいなー

譲渡に関しても希望者への厳しい条件が
もっとあってもいいように思います。

「譲渡に向いてる」とか「向いてない」とか・・
人間側の都合で考えるのではなく
どれだけ、ワンニャンと向き合い
根気良く接しながら愛情を掛けてあげられるのか
飼育環境は整っているのか、などなど
「飼い主として適しているか」を判断してほしいものです。


どうぶつ達の身になり真剣に考えれば
直ぐに実行できそうなのにな・・・

世の中全部がそうなってくれるのは
難しい事かもしれませんが
せめて動物愛護センターだの管理所だの・・って名のつく所だけは
どうぶつ達のミカタでいてほしいです。

そうでなくては困ります。いえ、そうでなくてはいけません。


もう期限だから、収容場所がいっぱいだから、なんて理由で
命を奪わなくてはならない場所じゃなく
愛護の名の通り、どうぶつ達を大切にして護ってくれる場所で。

       heart1.gifwan6178.jpg
















Posted by nonchi*
comment:10  
[思うこと
引越しシーズンに
必ずこの時期、「飼い主が転居のため・・」と
各地の管理センターのHPでこのコメントが載っています。

これが放棄理由になる???
これを認める???
いえいえ、職員さんだって呆れるんでしょうけど
引き取らなければならないのですよね。

それに、めったにない話じゃない
わんさかあるんだもの。
特にここ数年多くない?

もちろん これだけじゃないけど
まあよくも人間側の都合をこうも堂々と
恥ずかしくも無く言えるもんだと・・・

そう思いません?

今日も札幌管理センターのHPを見てみたら
引越しを理由にワイマラナーが・・・

おまけに数日前から迷子のドーベルマン

これは札幌のオトモダチもブログに書いていたけれど
この犬種を飼っている人ってそーんなに多くはいないのでは?

他にも引越しやアレルギーを理由に
飼い主に連れてこられたワンコ達が(怒)

毎度のことながら書き出すとキリが無いほどですが
ワンコ達の気持ちを想像すると
本当にツライ。
本当にモウシワケナイ。
本当にハズカシイ。

もう飽き飽きデス。

最近、「収容」されてしまうワンコのことで色々考えなくてはならないことがあり
長いことモンモンとして・・でも答えが出ない。

いや、答えはとっくに決まっていて
人間の勝手な都合をモノ言えぬワンコ(ニャンコもね)に押し付けてはいけません。
言葉で会話ができない分、気持ちをキャッチする彼らのワザに人間はかないません。

だから裏切っちゃいけないし、
人間が悲しい思いをさせたのら せめてものお詫びに
人間ができることはシアワセ探しのお手伝いくらいです。

それなのに、追い討ちをかけるように
「殺処分」するなんて、あってはいけないことです。

  ね?



さてさて 「家族」をセンターにおいて帰った人間は
その子が使っていたハウスや毛布やフードやら
何の後ろめたさも感じずに処分するのでしょうか・・・・

せめて もんのすごく後悔して
どんよりした気持ちで引越し先での生活を始めていただきたいもんです。








Posted by nonchi*
comment:6   trackback:0
[思うこと
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。