すべての子が大切にされることが当たり前になりますように☆の願いを胸に我が家のわんこと過ごせるシアワセをかみしめてマス。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by nonchi*
 
[スポンサー広告
どうぶつを愛護するバショ。
みなさんご存知の通り(??)
私は市内の保健所(管理所)に
迷子犬や飼養放棄されて収容されるワンコがいると
週に1~3回、お散歩や犬舎のお掃除のお手伝いをさせてもらっています。

車の運転が出来ない私はその場所までバスを利用して行くわけですが
これがまた、なかなかの山奥(オオゲサ?)にありまして^^;
バス停から えっちらおっちら・・ひたすら上り坂を歩きます。

フツーなら気軽には行かないでしょうが・・
ワン達がそんな寂しい場所でがんばってることや
私たちボランティアや職員さんを待っていてくれてることを思うと
不思議と歩けてしまうんですねー。
それに、近付くと聞こえてくる「わんわんっ!!」の声で
ぜーぜーハァハァいってるカラダがシャキン!となります。

本当は収容犬なんていない事が当たり前じゃなきゃ
おかしいし、いちばん願っているのもそのことなのですが
ついつい会えるのを楽しみにしてしまうのも正直な気持ちなんです。
勝手ですねー^-^;

それだけ、どの子も本当に可愛いんですよ。

でも

猛吹雪の日も、カミナリが鳴り続ける日も、風ひとつ無い猛暑日も、
ワンコ達がどんなに怖がり寂しがっても
活動日じゃなければ
駆けつけてあげることは出来ません。

ボランティアの立場でやってあげられる(させてもらえる)コトなんて
ほんのほんの少しなのですよね。

そんな活動も今年の1月からほとんどお休み。

それは、とっても嬉しい事に収容される子がいないからです^^
一時ビーグルちゃんが独りで居たのと、
迷子ちゃんが来たけど、その日にお家へ帰れたりでした^-^

だから、行くとしても雪かきや物資の整理だったり。

どうかこのままずーっとそうであって欲しいです。


隣の市は大都会札幌。

それだけに、人口も多い
ってことはワンコも多い(はず)
・・なせいか、なかなか途切れず
ワンコやニャンコが収容されてしまうようです(泣)

これからGW。
恒例の「ペットのイベント」のCMがはじまってますなー・・・

そこへ行ってワンニャンを買うのではなくって
お休みの間、家族で十分話して確認し合い
管理センターでがんばってる子の飼い主さんに!!

札幌管理センターは5月12日の土曜日から(←クレアの誕生日♪関係ないねー^^;)
10月までの第2土曜日は開庁して、出会いのチャンスを増やしてくれるそうですよ。

私の住む市もそうなってほしいなー

譲渡に関しても希望者への厳しい条件が
もっとあってもいいように思います。

「譲渡に向いてる」とか「向いてない」とか・・
人間側の都合で考えるのではなく
どれだけ、ワンニャンと向き合い
根気良く接しながら愛情を掛けてあげられるのか
飼育環境は整っているのか、などなど
「飼い主として適しているか」を判断してほしいものです。


どうぶつ達の身になり真剣に考えれば
直ぐに実行できそうなのにな・・・

世の中全部がそうなってくれるのは
難しい事かもしれませんが
せめて動物愛護センターだの管理所だの・・って名のつく所だけは
どうぶつ達のミカタでいてほしいです。

そうでなくては困ります。いえ、そうでなくてはいけません。


もう期限だから、収容場所がいっぱいだから、なんて理由で
命を奪わなくてはならない場所じゃなく
愛護の名の通り、どうぶつ達を大切にして護ってくれる場所で。

       heart1.gifwan6178.jpg
















スポンサーサイト
Posted by nonchi*
comment:10  
[思うこと
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。